ホームページ作成に関心を持つ人なら

HTMLとCSSにはバージョンがあることを知っておこう

今までホームページを作った経験はないけど、今後、ある程度凝った作りのホームページ作成を考えているのであれば、知っておいた方がいいことはたくさんあります。
まず、ホームページを作るのに必要なHTMLとCSSには、古いものと新しいものがあるということが挙げられます。古い参考書を元にHTMLとCSSを書いても今風のデザインをうまく表現できません。たとえば、四角を描いて角を丸くするという表現はCSS3なら簡単にできますが、それより古いCSSの書き方だと、画像を使わないと実現できません。
なので、モダンなデザインのホームページを作りたいのであればHTMLとCSSの参考書は最新版のものを選ぶようにしましょう。

PHPなどの知識を身につければ本格的なサイトを作れる

次に、ホームページのテンプレートはわざわざ一から作らなくても、世界各国のプロ、アマチュアのウェブデザイナーが無料で提供しているということを知っておきましょう。それを知っていれば、テンプレート作成の苦労は格段に減ります。人が作ったテンプレートをそのまま使うのはオリジナリティがなくて嫌だという場合は、気になる部分を改変すればいいのです。
将来的に、本格的なホームページを作りたいと考えているのであれば、PHPとJavaスクリプトの知識も身につけるといいでしょう。というのは、HTMLとCSSだけで作るホームページは、デザインだけなら今風のものを作れますが、会員制にしたり、ログインするユーザーによって表示するコンテンツを変更したりといったことは難しいからです。

ホームページ作成を初心者で行う場合は、有料のホームページ作成ソフトを使って作る方法もありますが、ホームページを作成する便利な無料ツールもダウンロードできます。